台湾留学なら台湾留学センター

  • 台湾留学センターのfacebook
  • 台湾留学センターのインスタグラム
  • 台湾留学センターのyoutube

【学校訪問コラム】淡江大学中国語センター

「アクセス抜群なキャンパスで短期間で中国語を習得」

 私立淡江大学は1950年に創立され、台湾の私立大学の中でも長い歴史のある大学です。特に教育の質と学問研究、学習サービスを重視している大学で、台湾の私立大学の中でも有名な大学です。国際化、情報化、未来化という教育理念を保持し、2009年には「国家品質賞」を受賞しました。また、20年連続「台湾企業2000社が選ぶ学生ランキング」においてトップにランクインしており、台湾企業も好む大学です。
 そんな淡江大学の中国語センタ―は1991年に設立され、今年で28年目を迎えます。3週間からの短期コースもあり、毎月入学できる点も日本人に人気の理由の一つです。また、台北にある他の中国語センターよりも学費が安く、より多くの外国人学生に中国語学習を通して台湾の文化を知ってほしいと考えています。
 日本人に人気の淡江大学中国語センターは、どのようなところなのか実際に訪問してきたので、インタビューした感想も踏まえて皆さんにご紹介したいと思います。


★淡江大学 付属中国語センターについてはこちら

Content

1.淡江大学はどんな雰囲気の学校?

 淡江大学は8学部から成る総合大学で、文系から理系まで幅広い学部の学生が集まります。そして、淡水、台北、蘭陽と3つのキャンパスに分かれていて、学部によって異なるキャンパスに通います。淡水キャンパスは有名な観光地「淡水」のすぐそばにあり、付近はオールドストリートがあるため観光客で賑わっています。蘭陽キャンパスは台湾北東部の宜蘭という都市にあり、自然豊かな山の上に位置しています。そして、台北キャンパスが私が訪れた中国語センターのあるキャンパスです。

 台北キャンパスは青と白で統一された外観で、学校のキャンパスとは思えないような綺麗な建物です。建物内には小さな池があり、どこか中国のような雰囲気を感じました。教室内は広々としていて、開放的な空間で学習が出来そうでした。学生が自由に使用できるラウンジや図書館があり、多くの学生が勉強をしたり交流をしたりしていました。学校内は落ち着いた雰囲気でしたが、先生と学生が挨拶を交わすなどしていて、先生と学生の関係の良さが伺えました。


2.学校のロケーションと学生生活は?

 台北キャンパスは台北MRTの東門駅より、徒歩5分という近さで交通の便はとても便利です。台北の中心部に位置しているため、3つのキャンパスの中でも最も立地が良い場所にあります。学校の近くには永康街という台北で有名な観光ストリートがあり、平日でも多くの観光客で賑わっています。そのためレストランやカフェなどが多くあり、ご飯に困ることはないと思います。その他にも洋服や雑貨などのショップも多く集まっているため、友達とショッピングや観光に行くことも出来そうです。

 学生の多くは学校付近の部屋を自分で借りて暮らしているそうです。立地が良いため家賃はそこまで安くはありませんが、少し離れたところやシェアハウスにすることで家賃を抑えることも出来ます。また、淡江大学の中国語センターは付近のホテルと提携を結んでおり、普通よりも安い価格で宿泊することが出来ます。学校付近にあるため、提携しているホテルに住んでいる学生もいるそうですよ。

3.どんなプログラムがある?

 淡江大学の中国語センターには多くのプログラムが用意されていますが、今回はオススメのプログラム4つをご紹介したいと思います。
 1つ目は正規中国語プログラムです。正規中国語プログラムは基本的な中国語のリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングを身に着けることを主な目的としていて、1週間に15時間の授業があるものです。入学語は8つのレベルにクラス分けされ、自分の中国語レベルに合った授業を受けることが出来ます。クラスは最大15人までで、多くの東南アジアの学生と切磋琢磨しながら中国語を学習することが出来ます。授業の他にも1学期に1度クラスで校外学習があり、台湾の文化に触れながらクラス内での交流を深めることも出来ます。
 2つ目は中国語文化夏季プログラムです。このプログラムは午前中は中国語の授業、午後は文化の授業または校外学習というスケジュールで組まれています。1~8週間の短期間で自由に期間を選択することができるため、台湾での留学を経験してみたい方も気軽に参加することが出来ます。
 3つ目は短期留学のプログラムです。短期のプログラムがある大学は少ないため、短期で留学を考えている方にはピッタリのコースです。2週間、3週間、6週間の期間から選択することができ、毎週の授業時間は20時間です。その他にも文化の授業と校外学習もあるため、短期でもしっかりと台湾の文化に触れることが出来ます。
 4つ目はTOCFL合格保証プログラムです。75日間で学生の目標レベルを合格させるため、問題分析や演習などを用いて繰り返し学習するプログラムです。もし合格することができなければ、授業料の半額を返金する制度もついているため安心してプログラムに取り組むことが出来ます。TOCFLで良い成績を取りたいと考えている方にはオススメのプログラムです。

4.淡江大学はどんな人にオススメ?

 淡江大学の中国語センターは、「台北でアクセス抜群なキャンパスに通って中国語を勉強したい」、「短期間で台湾の文化に触れながら中国語の勉強をしたい」、「TOCFLで取りたいレベルがある」の内一つでも当てはまるものがあるという方にはピッタリの中国語センターです。
 多くのプログラムから自分にあったプログラムを選択することができ、効率よく中国語の学習に打ち込むことが出来ます。先生方の7割以上は修士学位を取得しているため、先生の質も良く安心して授業を受けることが出来ます。24時間対応のサポートもあり、日本語をはなすことが出来る先生もいるため、困ったことがある場合でもスピーディ―に対応してくださいます。中国語の勉強をまだ始めていない方や、まだ自信がない方でも安心して留学することができます。


まとめ

 いかがでしたでしょうか?淡江大学の中国語センターについて簡単ではありますが、ご紹介させて頂きました。交通アクセスが便利で、人気の観光地付近で、レストランがたくさんあるという最高のロケーションで、台湾の文化を間近に触れながら中国語を勉強しませんか?たくさんのプログラムの中からあなたにピッタリのプログラムがきっと見つかるはずですよ。



★淡江大学 付属中国語センターについてはこちら
★淡江大学についてはこちら(大学本科)





台湾留学のご相談はこちら

0120-4192-0910時~20時(月-金)/10時~19時(土日祝)