台湾留学なら台湾留学センター

  • 台湾留学センターのfacebook
  • 台湾留学センターのインスタグラム

誰にでもある!返さなくていい奨学金をもらえるチャンス!

誰にでもある!返さなくていい奨学金をもらえるチャンス!

台湾で語学留学、正規留学してみたいけれど、お金がかかる…。だから、わたしには無理かも。奨学金なんて頭がいいごく一部の人だけがもらえるんでしょ?わたしには関係ない。なんて考えていませんか?でも、台湾には毎年台湾政府からの返さなくていい奨学金が存在します。諦める前に申請してみてはいかがでしょうか?本日は、台湾奨学金の仕組みや申請方法、また実際に台湾奨学金を受け取っている筆者が面接での質問や状況を詳しくご紹介します。これで、奨学金への準備は大丈夫!


Content

1.奨学金の基礎知識

そもそも、大学や大学院などの“奨学金”は日本以外の国では返済不要が一般的です。ですので、これから紹介する奨学金は「借りる」ではなく「貰う」ものです。
本日は台湾政府の教育部が毎年募集している奨学金をご紹介したいと思います。この奨学金は日本では台北駐日経済文化代表処を通して募集が行われています。この奨学金は大きくわけて台湾の大学、または大学院に正規留学する人に向けてのものと、台湾の語学学校で中国語を勉強する人向けのものの2つに分かれています。

2.教育部台湾文奨学金

こちらは正規留学対象です。

  • (1)応募資格:高校卒業以上で、その年の9月より台湾の大学または大学いんに正規生として進学する予定がある、学業成績が優秀かつ品行方正な日本人
  • (2)申込期間:毎年2月〜3月末まで
  • (3)奨学金額
     (大学生の場合)
      学費:1学期40000元(14万円〜15万円ほど)以内
      生活費:月額15000元(5万4千円〜6万円ほど)
     (大学院生の場合)
      学費:学期40000元(14万円〜15万円ほど)以内
      生活費:月額20000元(7万2千円〜8万円ほど)
  • (4)給与期間
     大学生:4年以内
     大学院生(修士課程):2年以内
     大学院生(博士課程):4年以内
  • (5)定員:毎年20名(大学生、大学院生を含む)
  • (6)申請方法:一次選考は書類審査、一次選考に合格した場合は二次選考で面接があります。
    *英語コース以外の申請には、TOCFL(台湾の中国語検定試験)の証明書が必須となります。申請を考えている方は事前にTOCFLの受験準備をして下さい。

3.教育部華語文奨学金

こちらは語学留学対象です。

  • (1)応募資格
    高等学校卒業以上で、その年の4月1日の時点で満18歳以上の者。その年9月より台湾の教育部が認可した大学付属華語文センターで華語文を研修する予定のある、学業成績優秀かつ品行方正な日本人
  • (2)申込期間:毎年2月~3月末
  • (3)奨学金額:月額25,000元(9万円〜9万5千円ほど)(学費は自費となります)
  • (4)給与期間:二ヶ月以上一年以内
  • (5)定員:毎年12名
  • (6)申請方法:書類選考のみ

4.応募書類のあれこれ

  • (1)奨学金申請表:所定の申請表(1通)
  • (2)奨学金承諾書:所定の承諾書(1通)
  • (3)計画書
    •  ■ 教育部台湾奨学金の非英語コースに申請する者:華語文の「研究計画書」
    •  ■ 教育部台湾奨学金の全英語コースに申請する者:
        ● 日本語の研究計画書
        ● 英語の研究計画書
        ● 申請した大学が発行したその学科(または研究科)が「全英語コース」であることを証明できる書類
    •  ■ 教育部華語文奨学金に申請する者:日本語の「学習計画書」
    •  ■ 書式
        ● A4横書きワ-プロ。
        ● 字数:3,000字程度を標準とする。
        ● 内容:志望する大学名、台湾留学志望の理由、留学中の具体的な学習計画、帰国後の計画(学業、職業を含む)を詳細に記載すること(1部)
  • (4)入学申請書類:台湾の大学に入学申請した書類(コピー可)(1部)
  • (5)最終出身校(高校あるいは大学)全学年日本語成績証明書の写し
    認証された英語の訳文を添付したもの、GPA成績がある者はGPA成績を提出する(1通)
  • (6)最終出身校の卒業証明書、修了証明書又は在学証明書の写し
    認証された英語の訳文を添付したもの(1部)
  • (7)推薦状
    •   ● 様式自由
    •   ● 推薦者二人、各人1通(計2通)
    •   ● 原則的に中国語で作成してください。その他の言語は日本語あるいは英語に限ります
    •  ■ 推薦者の資格:
    •   ● 出身校の校長または指導教授、担当の先生
    •   ● 卒業して3年以上経った者は、出身校の校長、指導教授、担当の先生、職場の上司若しくは適切な者(2通)
  • (8)パスポートの写し:1部
  • (9)TOCFLの証明書:1部
     (華語文能力試験http://www.sc-top.org.tw/http://www.sc-top.org.tw/mocktest.php
    •  ■ 教育部台湾奨学金の申請者は、英語コース以外の場合、TOCFL(華語文能力試験http://www.sc-top.org.tw/http://www.sc-top.org.tw/mocktest.php)進階級、あるいは同レベル以上(聴解と読解)の証明書か成績書の写しが必要である。(華語文能力の証明は、TOCFLのみ承認する。その他の言語証明は採用しない。)
    •  ■ 英語コースを申請する場合、TOCFLの成績証明は不要。但し、英語能力の試験成績証明書(リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング能力を含む)の写しを提出しなければならない。
    •  ■ 教育部華語文奨学金を申請する場合、TOCFL成績証明書の提出は不要。
  • (10)選考結果通知用封筒:長形3号封筒に392円切手を貼り、表に各自の宛名と住所等を記入したもの(3通)



  • もっと詳しく知りたい方はコチラ
    https://www.roc-taiwan.org/uploads/sites/44/2018/02/32019年度教育部台湾奨学金および華語文奨学金募集要項-(公告版).docx

    5.二次選考の面接について

    さて、今度は正規留学生対象の「教育部台湾文奨学金」での面接のお話です。

    (1)服装
    面接に行ったとき、たぶん95%くらいの人はスーツ、または制服でした。特に規定はなかったのか、中には私服の人もいました。逆にアピールポイントとして利用するため、ボーイスカウトの制服などを着用している人もいました。わたしも無難に黒のスーツで決めました。
    ちなみに、その時一緒に合格した友人は私服の子もいれば、スーツの子もいたので、あまり服装で困らなくて大丈夫だと思います。ある程度、しっかりした格好していればいいのではないかなと。

    (2)面接の雰囲気
    面接は個人面接で、およそ1人10分から15分くらいだった記憶があります(2017年の情報)。広い部屋で、面接官4人と自分の計5人です。そんなに堅い雰囲気ではありませんでした。面接はほとんど中国語で行われた記憶があります。面接が始まる前、部屋の外で待っている時は、スタッフの方がみなさんやさしく声を掛けてくれたのを覚えています。

    (3)面接時の質問内容
    覚えている限り全ての質問です。
    ・簡単な自己紹介(中国語で)また、ここで、入学予定の学校名、学部を伝えます。
    ・なぜその学部を希望したのか?
    ・なぜ台湾を選んだのか?
    ・なぜ奨学金が必要なのか?
    ・奨学金の使い道はどうするのか?
    ・将来(卒業後)の目標
    ・台湾で一番好きな場所
    ・どのように中国語を覚えたのか
    ・中国語のレベルはどれくらいか(TOCFLのスコアを答えれば良いかと)
    などなど。

    その年(2017年)に面接を受けていたのは、記憶ではだいたい28人程度だったと思います。つまりすでに一次選考に合格している時点で、ほとんどの人が面接も合格できるのかなと感じました。だから、そこで個性を発揮するというよりは、しっかりと目標がある人だなと印象付ければ問題ないのかなと感じました。わたしも何度か家で練習しましたが、ちゃんと自分のやりたいこと、将来の目標がクリアな方はそんなに緊張しなくても大丈夫です。

    (4)筆者の場合
    わたしは台湾大学の法学部と政治大学の傳播学部、両方申請して、両方合格したのですが、最終的に政治大学の傳播を選びました。台湾大学の法学部というのは台湾では有名な偏差値の高い学部だったためかそこで、面接官に「なぜ台湾大学の法学部を選ばなかったのか」と問われました。(あとで知った話、面接官の方が偶然その台湾大学の法学部卒業だったらしいのですが)それは置いといて、偏差値的にも明らかに高い台大の法学部を蹴ってしまったのなら、それがなぜなのか面接官が納得するように説明しなくてはなりません。わたしの場合は、以前台湾人の友人に何度も聞かれた質問だったので、瞬時に答えられましたが、中には「なぜこの2つの大学を(または学部を)合格したのに、こちらを選んだのですか?」と聞かれることがあります。入学する予定の学部への強い思いを答えましょう。
    また、「台湾で好きな場所」を聞かれたとき、その質問の意図がわからなすぎてとっさになぜか一度しか行ったことのない「台中」と答えてしまいました。面接官は「台北の大学行くのに?」と聞かれて、(あ、間違えたかな)などと思いましたが、後々同じ面接を受けた友達と話したときに、「たぶん気持ちを楽にしようと簡単な質問してくれたのかな」という結論に落ちました。そんなに難しく考えなくていいようです。

    奨学金の面接の時期的にも、大学の入試の面接が終わってからだったのですが、大学の入試の面接が厳しすぎたせいか、奨学金の面接は非常にやさしい印象がありました。

    6.まとめ

    いかがでしたか?台湾でもらえる奨学金について少し理解が深まれば幸いです。少しでも、留学生活の負担が減るよう、奨学金を視野にいれてみるのも大切ですね。こちらで紹介した奨学金以外にも、さまざまな団体が募集をかけている奨学金がありますので、ぜひ興味がある方は早めに調べておくことをおすすめします。あなたの留学生活がよりスムーズになりますように!それでは次の記事でお会いしましょう!





台湾留学のご相談はこちら

0120-4192-0910時~20時(月-金)/10時~19時(土日祝)